忍者ブログ

きゃめる「Wonder Garden」リリースツアー

きゃめる 「Wonder Garden」リリースツアー @京都 ギャラリーのざわ
2017.11.19

昨日のhatao&namiのライブに引き続き、
今日はきゃめるのライブに行ってきました。

京都駅から初めて嵯峨野線に乗り、一駅で丹波口下車。
18時であたりは真っ暗。住宅外の隙間をぬうように歩き、たどりついた宿

ギャラリーのざわ。

ライブを聴きに来ただけなのに、
ここまでで、なんか急に田舎に旅に来たような気分になってしまいました。

中はこんな感じのレトロなお家です。
京都でのアイリッシュ系ライブってこういう会場が多いですよね。
ライブハウスが少ないのかなぁ。
京都らしさがあって良いと思います。


きゃめるは東京のバンドで、この度はアルバム「Wonder Garden」のリリースツアーということでした。
関西でのライブはこの日が最終日。
前日の大阪、絵本カフエholoholoでのライブも終え、
メンバーの皆さんは、おいしいものも食べて関西を満喫されている感じでした。

1曲目はReelのセットから躍動感あふれる演奏。(WeddingReel-何かのReel-Canon Reel)
WeddingReelはルナサのMornig Night Capのコピーかな?
この日は、特別復活出演ということで、ベース岩郷さんも参加しており、まさにルナサでしたね。
ベースがしっかりしてるアイリッシュは良いなぁとあらためて思いました。

2曲目以降は、アルバム収録のオリジナル曲を中心に演奏されました。
特に印象に残ってるのは、「Sailing with you(収録:Op.1 オーパス・ワン)」と、
「はじまりの街(収録:Wonder Garden)」

2曲とも曲の展開が好きでしたし、美しいメロディでした。
酒井さんのフィドルはビブラートや抑揚が細部まで洗練されていたように思う。
アイリッシュをやっていると、ついつい派手なダンスチューンに注目してしまうのですが、
こういうスローテンポで美しい曲は、本当に感動しますね。
(酒井さん、ダンスチューンの時めっちゃ動くというか踊りますね。一時期の、ドレクスキップ榎本さんを思い出しました。
あんなに動いて弾きにくくないのかなw 楽しそうな演奏というのは、僕も常に心がけていますけどね)

アンコールはルナサのコピー。
知ってる曲でiPhoneにも入っているはずなのですが、
探しても見つからないのです。曲名を忘れました。

終演後、僕は時間の都合により、早々にお暇しましたが、
奏者と観客の皆さんは鍋を囲んだそうで、うらやましぃなぁ。

京都から奈良まで1時間以上かけて帰るのでありました。
にしても11月の半ばでこの寒さは何なんだろうなぁ・・・
寒さがしみる季節だわ
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
まっは
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Twitter:onsoku50

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[11/30 広島大学マンドリンクラブ 書記]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]

最新トラックバック

ブログ内検索

ツイッター

バーコード