忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゼノギアス20周年記念コンサート The Begining and the End

ゼノギアス20周年記念コンサート The Begining and the End 
2018.04.07-08 @舞浜アンフィシアター

さて、今回、ゼノギアス20周年記念コンサートに行ってきたわけです。
2日間で昼夜と計4公演行われたわけですが、私は初日の夜公演に行ってきましたよ。

ソラリスシートという、記念オルゴール付きチケットにあたったわけですが、
席は前から5列目、のステージ左側でした。もう少し中央だったら最高だったのだがなぁ。
ずっと首をひねった状態になってしまって、首が痛いわ。

今回のコンサートで一番感動した場所から述べますと、
4曲目の「風のうまれる谷~遠い約束」です。はい、めちゃくちゃ序盤です!

演奏ステージの背面に、ゲーム映像も映し出されるようになってまして、
ゲーム中、遺跡から発掘された音響装置の前でフェイとシタンのかわす会話、

フェイ 「 ねえ、先生……この曲を聞いてると、ふしぎな感じがしてくるよ。
     なんだか、胸の奥の方がほっとあったかくなってくるような……。」
シタン 「 それはきっとあなたのなかで、この曲が好きだった、遠い昔のだれかが生きているからですよ……。」

の場面が流れました。
まさにその音響装置から放たれる光のように、会場の照明も照らされていて、
めちゃくちゃ美しい、『遠い約束』のピアノソロ。
今まさに自分もフェイやシタンと一緒にいるかのような疑似体験で、
映像と照明と音楽が完璧に合致した瞬間だったと思います。

その他の曲も全部、素晴らしかったです。
今回の演奏のためにアレンジされた部分もあって面白かったし、
何といってもANUNAのコーラスが生かされた曲は抜群でした!

ジョアンヌホッグも拝むことができましたし、
STARS OF TEARS とCREID版LAHANもアンコールで演奏されました。

そしてさらに最後は、光田さんがオルゴールを取り出し、
ステージ上の机に置いて奏でられる「遠い約束」でした。

前回の光田さんの活動20周年は、音楽メインでしたけど、
今回は音楽はもちろん、その他映像、演出を含め総合的なステージという意味で、
とても楽しめたと思います。

【ここからは考察】
パンフレットの光田さんインタビューの中に、ゼノギアスの音楽のテーマとして、
「宗教音楽」「民族音楽」「オーケストラサウンド」の3つがあると述べられています。
つまりゼノギアスの音楽は3つの側面があり、それらが1つとなって、ゲーム世界を表現している。

そして、今までリリースしたアレンジCDでは、
CREIDで「民族音楽」、MYTHで「オーケストラサウンド」の側面から、
そして今回のANUNAを起用したリバイバルディスクと、コンサートで「宗教音楽」
の側面からあらためてゼノギアスの音楽に光を当てて表現しなおした事になるのではないでしょうか?

ゼノギアスというゲームは表現する世界観や扱うテーマ、時代設定などが非常に幅広い為、
3つの要素を詰め込むことができたと思うのだけれど、
それをまた別の角度から再構築しているのだと思いました。

正直MYTHは僕のなかではいまひとつなアルバムという扱いでした。
クロノのアレンジCD等で、「単純にオーケストラアレンジするのはなんか違う」と光田さん自身もおっしゃっていたし、
CREIDがめちゃくちゃとんがっているアルバムなのに、MYTHは非常に無難なアレンジで面白みに欠けると思ってました。
でもこれには先に述べた意味がちゃんとあったのかもしれません。

3つの視点からアレンジしなおしたアルバムが出たということは、
今後ゼノギアスのアレンジは出ないという事も意味してるかもしれませんね。
PR

コールタ セントパトリックスデーライブ@京都Field 2018.03.17

Irish PUB Fieldは京都のアイリッシュパブの中でも、
特にライブやセッションが頻繁に行われていて、
ミュージシャンにとって聖地的存在ではないかと思っている。

この度、メンバーが東京に移住することとなり、その彼も思い出のあるこの場所でライブを執り行えたのは、
非常に感慨深い。

2時間のライブをコールタ単独でやるというのは初めてではないだろうか。
活動初期の頃から演奏していた曲や、ケルトシットルケ収録曲、
アイリッシュからひとひねり加えたアレンジ曲など、
合わせて16曲はどれも思い出がある曲だ。

ライブの模様はYoutubeからご覧いただけるようです。
ご来場の皆様、Fieldスタッフの皆様ありがとうございました。

セットリスト

1st Stage
①Willie Coleman's-Courtown Harbour-The Handsome Young Maidens
②Down by the Sally Gardens
③Earl's Chair-Hunter's Purse-Road to Errogie
④Where is The Cat?-Eileen O'Riordan's-Kings Of Kerry
⑤お寝坊ポルカ(Jim Keefe's-Ballydesmond No.2-Ballyhoura Mountains)
⑥Old Tunes
⑦Farewell to whelley range-Cooley's-Red Haired Lass

2nd Stage
①L'Air Mignonne-Fox Hunter
②Rumpenisserne
③My Darling Asleep-I Ne'er Shall Wean Her-Billowing Waves
④Waiting for Federals
⑤Cavan Pothol-春よ来い
⑥Bygone days-Ivory Lady-Joe Banes Scotische
⑦Humors of Tulla-Christmas Eve-Saint Anne's

Encore
①John Egan's-John Ryan's
②朧月夜-Traveller-Macarthur Road

山Xeno世界

山Xeno世界

2018.03.03 @川口 ライブスペースキャバリーノ


ファルコムバンド、山染世界、RECIDの
3バンド対バン形式ゲーム音楽系イベントに行ってきました。


・ファルコムバンド
知らない曲ばかりだったけども、どの曲もかっこいいノリの良い感じでした。
1曲目はピアノとカホンという組み合わせで、ピアノジャックぽかったですね。
1曲目が一番好きだったかも。


・山染世界
架空のゲーム音楽を演奏するというコンセプトのバンドというのは噂に聞いていたのですが、
なんとそれだけではなく、
ステージのスクリーンに架空のゲーム画面が表示され、
ストーリー展開に合わせて曲を演奏していくという、
新しいエンターテインメントでした。
ピアノ、尺八、サックス、ドラムという構成も斬新ですけど、違和感がなく、
どの曲も聴きやすいキャッチ―なフレーズでした。

・RECID
ゼノギアスアレンジアルバム「CREID」の楽曲を演奏する為に結成されたバンド。
今日は、もちろんこれ目当てで来たわけですね。
結構な大所帯のバンドになってて、
パーカス、ドラム、ベース、ギター、ブズーキ、尺八、EWI(笛っぽい電子楽器)、バイオリン、ピアノ(シンセもあったらしい)、
メロディオン、女性コーラス3名という構成です。(何か抜けてたらスイマセン。。。。)

「MELKBA」
ハープとパイプスから始まる原曲ですが、どちらも今回の構成に無い楽器です。
おそらくシンセとEWIで再現されていたのだと思います。
途中からは妖しい女性コーラスも入り、独特な雰囲気を再現されてました。

「CREID」
シンプルで美しい曲。コーラスも完璧で、あやうく泣く所でしたね。
一番感動したと思います。

その他の曲ももちろん素晴らしかったです。
「二つの羽根」「メビウス」は、原曲の英語歌詞版、「Stars of Tears(Out take)」「Small two of pieces ~軋んだ欠片~」として演奏されました。(やっぱり原曲ファンが多いのかな?)

最後は「LAHAN」
手拍子とコーラスを観客のお客さんもぜひとのことでした。
先日行われた、Gloria Angelicus のコンサートでも演奏された当曲ですが、
そちらではコンサート会場という事もあり、なかなか思い切ってできなかったのですが、
今回はライブハウスという事でお酒も入ってるし、みなさん気を使わずに、手拍子とコーラスをやって楽しんでいたと思います。
やはりこういうのがあると、会場の一体感が増しますね!

CDまるごとコピーするというバンドは初めてでしたし、
これって演者のスケジュールや予算の問題で、公式では絶対できないイベントだと思う。
CDを聴いていると、これらの曲が生演奏で聴けたらどんなに良いかなぁと思う事があるのですが、
そんな思いを抱いている人達が大勢いて、さらに実現してくれた人達がいるのだなと思うと、
感動しかないですね。
ほんまに最高のライブでした。

Comhalta(コールタ)セントパトリックスデーライブ

来る、3/17
京都 Irish PUB fieldにて、私の所属するバンド Comhalta(コールタ)のライブを行います。

この日はセントパトリックスデーというアイルランドの祝日です。
京都にはいくつかアイリッシュパブがあるので、
各店できっとライブやセッションが繰り広げられることでしょう。

我々もこの日を盛り上げるべくライブを行うのですが、
この日のライブは、春から東京へ旅立つメンバーの壮行ライブでもあります。

2013年に活動を開始した我々。
伊丹オトラクを中心に、その他各地でのイベントにも出演させていただいてます。
昨年は、関西で活躍するアイリッシュ系ミュージシャンによるコンピレーションアルバム、
ケルトシットルケVol.5にも参加させていただきました。

この日は各地でのイベントで演奏しきれなかった曲や、活動当初から演奏している曲、
アルバム収録曲等、盛りだくさんで行う予定です。

ぜひご来場ください。

■■■■■■■
Comhalta(コールタ)セントパトリックスデーライブ
2018.03.17(Sat)
@京都 Irish PUB field
開演19時~(店舗営業18時~)
投げ銭制。要オーダー。
21時からはレギュラーセッションを予定。
■■■■■■■

Gloria Angelicus Philharmonic Concert

Gloria Angelicus Philharmonic Concert 2018.02.11 @かつしかシンフォニーヒルズ

に行ってまいりました。

今年はゼノギアス20周年ということで、公式オケも企画されておりますが、
まさにこの日が20周年だったんですね。(ゼノギアス発売は1998年2月11日)

光田さんからの花束とメッセージも届いており、開演前に読み上げられました。
本当は聴きに来たかったけど、都合がつかなかったようです。


今回の演奏会は、オーケストラアレンジ「MYTH」に収録されている曲を演奏するとのことでしたが、行ってみると、1部はオリジナルサントラからの編曲で、2部がMYTHからの編曲でした。

1部
・憧憬~翼
・大空と雲ときみと~蒼き旅人
あたりがかっこよかった印象です。

2部
・lost...きしんだかけら
・盗めない宝石
あたりはピアノが最高でしたね。

ChorCrystalManaさんのコーラスも初めて聴かせていただき、
オーケストラにコーラスが入るとこんな感じになるんだなぁと思いました。
とくに1部の「傷もてるわれら 光のなかを進まん」が良かった。

アンコールとして、
CREID版に近いLAHANを演奏し、大盛り上がりでございました。
楽団の皆さま、素晴らしい演奏会をありがとうございました。

プロフィール

HN:
まっは
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Twitter:onsoku50

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[11/30 広島大学マンドリンクラブ 書記]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]
[10/01 まっは]

最新トラックバック

ブログ内検索

ツイッター

バーコード